MotionVR - 新宿アイランドタワー『同じ場所の昼と夜』

2009/12/24/木 17:44
約10MB ※音が鳴りますのでご注意ください。
motion
同じ場所で時間帯を変えて作ってみました。ちょうどイルミネーションの季節なので、夜にはライトアップがきれいです。魚眼で撮影したものを2つ並べるので、それぞれ違った場所で撮っても面白いかもしれませんね。

MotionVR - オペラシティ『コンパクトデジカメと魚露目8号でMotionVR』

2009/12/22/火 15:59
約8.8MB ※音が鳴りますのでご注意ください。
motion
コンパクトデジタルカメラ(SP350)に魚露目8号というドアスコープのような魚眼レンズで、手持ち撮影してみました。お手軽な魚眼レンズも発売されたりしているので(イザワオプトさんなど)、携帯電話などでも楽しめそうです。前後を撮影して、Niveなどで横に並べてシングルストリームにしてflvで書き出し、Ryubinさんのdualfisheyeのビデオパノラマプレーヤーに入れるだけで簡単に遊べます。

MotionVR - 都庁前『円周魚眼レンズでのテスト』

2009/12/21/月 17:12
約7.8MB 
motion
フルサイズで円周魚眼をテストしてみました。フルHDでは上下がケラレてしまうので640×480モードです。上記のは2台背中合わせにして撮影したと仮定して、ノーダルポイントより機材をそれぞれ前に出しての撮影です。のりしろも多少あり、こちらでもいいような気がしてきました。何よりこういう地点では建物の上まで見渡せるのは大きいです。ノーダルポイントを合わせて撮影したバージョンはこちらです。フルHDで撮影したら粗が目立つかもしれません。
フルHDで上まで見渡せる、きれいなのを撮るには7Dとsigma4.5mmの組み合わせが良さそうですね。
※追記:外のような広い所なら良いのですが、室内などの狭い所では、円周魚眼の背中合わせの2台撮影ではちょっと厳しいですね…。

MotionVR - 昼下がりの西新宿『魚眼レンズでMotionVR』

2009/12/21/月 15:40
約7.8MB 
motion
2台のカメラと魚眼レンズで撮影することを想定して、カメラを背中合わせの状態になるように撮影しました。5Dmark2とnikkor10.5ではノーダルポイントが24cmほどずれてますが、外などの広い空間では問題なさそうです。
上下の画角を得るために、640×480の設定で撮影しましたが、webで使用するのに適当な容量で解像感も良好かと思います。
まだまだ設定の余地があり、追い込んでいけばもう少しきれいにつながりそうです。今回は前回の夜景の設定のまま絞りを2.8と開いたまま撮影してしまったため、周辺減光が多少ありますが、絞れば幾分つなぎ目もよくなりそうです。しかしながら周辺の解像度低下はどうしようもないので、両サイドには重要でない被写体を配置する必要があるかと思います。
フルHDで撮影したバージョンはこちらです。30秒で18.5MBですので、上下の画角より画質重視でしたら、こちらでも問題なさそうですね。。。

MotionVR - 新宿サザンテラス『魚眼レンズで360度MotionVRを作る その2』

2009/12/21/月 12:41
約10MB ※音が鳴りますのでご注意ください
motion
Ryubinさんがお忙しい中、PanoDualFisheyeFlashVideo_v20をリリースしてくださいました。
これによって円周魚眼レンズで、前後に撮影すれば簡単にMotionVRを作ることができます。もちろんコンパクトデジタルカメラや携帯電話でも動画撮影機能と円周魚眼のレンズを取り付けて撮影すれば可能です。
前を撮影して、ノーダルポイントを合わせて後ろ側を撮影すればOKです。つなぎ目ののりしろの関係で機材をノーダルポイントから少し下げたほうが良い結果が得られるかもしれません。2台のカメラと円周魚眼レンズがあれば、背中合わせにセッティングして撮影すれば、つなぎ目から急に人が出てくるなどの時間軸のずれも生じないでしょう。もちろん1台のカメラでも撮影場所を工夫すれば、うまくごまかせると思います。
撮影したら、After effectやNiveなどで、撮影した映像を横に並べてひとつにしてFlvで書き出し、Ryubinさんのソフトのvideoのフォルダに入れるだけです。
今回は5Dmark2にフードを削ったnikkor10.5を使用しており、フルHDの16:9で撮影しましたので上下はかなりケラレております。そのまま最大サイズでは再生に負荷がかかりすぎたのでリサイズしてフレームレートは半分にしました。どうせリサイズするなら640×480の4:3で撮影して上下の画角を増やしたほうがいいかもしれないですね。
素晴らしいソフトをリリースし続けるRyubinさんに深く感謝致します。

MotionVR - 新宿サザンテラス『魚眼レンズで360度Motion VRを作る』

2009/12/20/日 0:02
約10MB ※音が鳴りますのでご注意ください
motion
湾曲ミラーによるMotionVRは解像度が落ちてしまうし暗いので、魚眼レンズで前後を撮影して作ってみました。夜ということと、つなぎ目がわかり難くなりそうなポジションで撮影したのでそこそこうまくできたと思います。フルHDは16:9なので上下がさらにケラレてしまい、tilt範囲は狭くなります。
元のデータをFLVに変換
RyubinさんのPanoFish2RectFlashVideo_v20で再生したものを動画でキャプチャ
動画を並べて一つにしてFLVに変換
元の映像が大変きれいだったのですが、変換が多くて随分と品質が落ちてしまったのが残念です。
ワープ機能を使って作ったバージョンはこちらです。レンズごとにワープの設定を作ったりすれば、もっときれいにステッチできると思います。キャプチャなどしていないのでこっちのほうがきれいですね。つなぎ目を気にしなければ、広角レンズなどでもできそうです。
そんなことしなくてもよいdual fisheyeのビデオプレーヤーが公開されるのが待ち遠しいです。

MotionVR - 新宿駅南口『写真からMotionVRを作る』

2009/12/19/土 0:02
約3MB ※音が鳴りますのでご注意ください
motion
360度のMotionVRは大変面白いのですが、360度を動画で撮影する以外はGoogle社がstreet view制作時に採用しているような高価な機材が必要になってしまいます。
5Dmark2の動画はフルHDで記録できるので1920×1080の約207万画素。ここから湾曲したミラーで撮影して使えるのは91万画素程度で、レンズを支える支柱部分を引くとさらに少なくなります。
写真から作ったとすると円内は1118万画素となり、どれくらいの違いが出るかやってみました。
motion vr
5Dmark2は3.9コマ/秒なので、滑らかには作れませんが、随分と解像感があがりました。元のサイズのままだと、うまく動画にできなかったので半分のサイズにしてあります。また使用したレンズがsigmaの50mmマクロでしたので、有効に使える範囲がさらに狭くなっていますが十分な画質を得られることができました。撮影時に動画のライブビューのまま撮影してしまい、シャッター音を聞いていた感じでは約3コマ/秒といった感じです。ぐずぐずですみません…。
motion vr
5Dmark2は連続撮影枚数が、公称値はjpeg ラージファインで310枚となっており、この設定では約80秒撮影できそうです。
7Dや1Dシリーズで作れば、もっと滑らかな動画になると思います。連続撮影枚数は7Dは公称値210枚なので約26秒、1Dmark4は121枚なので約12秒ほどの動画にすることができるかと思います。いずれも記録サイズをダウンすればもっと撮影できます。撮影時はシャッターユニットが壊れたらどうしよう…と思う体験ができます。説明書にもいくつか書いてありますが、太陽を直接写しこむのはセンサーにもボディにもよくないですが…。
同じ地点での動画で撮影したバージョンはこちらです(シャープネス強め)。
【360度撮影できる湾曲タイプのミラーについて】
良い点
  • レンズに装着すれば360度を簡単に撮影できる!

悪い点

  • 光を取り込みにくい構造のため、シャッター速度を稼げない。
  • ある程度、被写界深度を得るのにはフルサイズセンサーではF16ぐらいまで絞らないといけない。
  • 脆いミラーが支柱一本で支えられていて、取り扱いに注意が必要。

不動産などの被写体が動かないものに定点で使うのが適切かもしれませんね。あらゆる状況や場所で、思い通りの撮影をするのは難しいと思います。

MotionVR - 西新宿の辺り『テスト』

2009/12/18/金 8:55
約30MB ※音が鳴りますのでご注意ください
motion
またMotionVRです。場所は適当ですみません。ミラーの端はほとんど解像しないので、上記の写真のようにミラーが少しケラレるように撮影して、シャープをかけてみました。前回より幾分シャキっとした感じになりました。その分見える範囲は狭くなります。
Ladybug3よりも太陽周辺はきれいなトーンですね。Ladybug3で撮られたものをいくつか見ると、太陽周辺は大きく白トビしたり、つなぎ目が不自然な色合いになってます。マニュアルと自動とか設定があるのでしょうか。欲しくても買えないのでやっかみです(笑)

MotionVR - 先日と同じ「Pano2VR版」

2009/12/16/水 21:05
約70MB ※音が鳴りますのでご注意ください
motion
先日撮影したものと同じものを、Pano2VRで作ってみました。
コントローラーのスキンをカスタマイズできたりします。
Ryubinさんのプレーヤーは、あらゆるフォーマットに対応していて動画を入れるだけなので簡単なのですが、pano2VRは6面cubeの3×2配列で作られた動画しかサポートしてないので、何度も変換することになってちょっと面倒ですね。
ドーナツ映像
15フレームくらいで切り出し(一分で900ファイル)
ドーナツ画像をCylinderか6面cubeに変換
立方体3×2配列に変換
イメージシーケンスを開いて動画にする
FLVに変換した動画をpano2VRにを読み込んでmotionVRに
公式サイトにビデオチュートリアルがあります。

MotionVR - 学習院下〜面影橋『都電荒川線』

2009/12/14/月 22:10
約30MB ※音が鳴りますのでご注意ください
motion
MotionVRを撮影してみました。場所は都電荒川線が走る、面影橋の辺りの交差点です。
ryubinさんのパノラマプレーヤーを使用しています。基本的にピントを合わせて撮影して、ryubinさんのプレーヤーに入れるだけですので、一般的な静止画のVRより作る時間はかかりませんでした。
5Dmark2にGOpanoを使用。
解像度はLadyBug3よりもちろん悪いです…
勝っているのはフレームレートぐらいかな。ダイナミックレンジもいけるかも。
ピントの合う範囲が狭いのと、湾曲したミラーに移りこんだものを撮影しているのでミラーの端に映るものほど解像度がなくなります。被写界深度を稼ぐには普通のデジタルビデオカメラのほうが有利そうです。
撮影範囲は狭くなりますが、広がる端は無視してもう少し中央部に寄ったほうが良い結果が得られそうなのでまたやってみます。
下記のような意図的な作品は難しいですが、動いているというインパクトは大きいですね!
http://guruguru360.com/blog/2007/05/30/pano.html 
- - - - - - - - information - - - - - - - -
場所:東京都新宿区西早稲田3-31 
交通:都電荒川線「学習院下」「面影橋」より徒歩3分
- - - - - - - - information - - - - - - - -
その他失敗したのとか高感度とか(※すべて音が鳴りますのでご注意ください)
飯田橋交差点
motion
東京駅 水平取れてない…
motion
銀座ミキモト前 ピント合ってない…
motion
Laqua iso感度6400
motion
新宿ヨドバシ前 iso感度6400
motion