パノラマ撮影機材 - 忍者レフ

2010/2/12/金 20:50
motion
レフ板の中心に穴が開いていて、窓越しの撮影の映り込みを防ぐことができる「忍者レフ」です。夜景など高層ビルの窓から撮影するのに重宝しそうです。
■下記はそのまま撮影した場合で、自分や室内が映り込みます。
motion
■下記が忍者レフを使って撮影したものです。映り込みがなくなりました。
motion
■下記は忍者レフなしで、レンズ先端を窓に押し付けて撮影したものです。中央部分は大丈夫ですが周辺に室内灯などが映りこんでしまいます。
motion
■下記は忍者レフをつけて窓際で撮影したものです。映り込みがなくなりました。折り曲げる事ができるので、固定する時も便利です。
motion
24mmレンズでは少し窓に近づいて撮影すれば映り込みが防げそうです。反対側は白レフになっていてレフ板としても使用でき、収納するのにてこずりましたが、書いてあったように∞字に折り曲げたらコンパクトにできました。中央の穴があまり大きくないですがEF24-105はぎりぎり入ります。窓越しの撮影がある時は持っておきたいです。よしみカメラさんで購入できます。

オブジェクトVR - オリンパス『E-3 上部マルチロウ』

2008/4/18/金 0:02
objectVR 約700KB
オブジェクトVR
オリンパスのフラッグシップデジタル一眼レフカメラE-3です。特徴としてボディ内手ぶれ補正、ライブビュー可能なフリーアングル液晶など使いやすい機能が満載で、さらに防塵防滴・マグネシウム合金仕様とういう頑丈な構成で、ズイコーレンズで高い解像感の絵を出してくれます。フラッグシップならではの重厚な作りに所有満足感(これは個人差があると思いますが…)があり、値段も控えめです。
しかしいいところばかりではありません。ハイライト側が飛びやすいので注意が必要です。またiso感度が低い時でも暗部ノイズが気になり、増感時のノイズもあと一歩といった印象です。
次回は連射性能とAF追従性アップと、ダイナミックレンジの拡大、ISO1600常用可能、CFダブルスロットルかxD→SDに期待したいです。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『魚眼・広角レンズいろいろ』

2008/4/17/木 9:29
objectVR 約700KB
オブジェクトVR
パノラマ撮影に便利な魚眼レンズや広角レンズギャラリーです。先日ニコン10.5mmを落下で粉々にしてしまいましたが、フジヤカメラでいい状態のものが手に入ったのでまたフードを削りました。今後は気をつけたいです…。
魚眼レンズはsigma8mmf3.5・sigma15mmf2.8・olympusED8mm・nikkor10.5mm・inon・魚露目8号
広角レンズはsigma12-24mmf4.5-5.6・canon24-105f4(これは標準ズームですね)

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『オリンパスED 8mmF3.5 Fisheye』

2008/4/1/火 20:50
objectVR 約426KB
オブジェクトVR
オリンパスの魚眼レンズです。35mm換算で16mmとなります。フォーサーズだと水平方向に6枚と天地の撮影で360度パノラマを制作できます。周辺部まで高い解像力を持っていますのでパノラマ向きかもしれませんね。

オブジェクトVR - マンフロット303SPH『オリンパスE-3 + ED8mmF3.5 fisheye』

2008/3/31/月 0:01
objectVR 約1MB
オブジェクトVR
頑丈なパノラマ撮影雲台マンフロット303SPHにオリンパスの防塵防滴カメラE-3をつけたところです。303SPHは最高5°単位で回転させることが可能です。チルト方向へのクリックストップ機構はありませんが締め付けもスムーズで安定しています。ただ重いのが難点ですね。
E-3のバリアングル液晶もご覧いただけます。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『魚露目8号』

2008/3/30/日 10:28
objectVR 約272KB
オブジェクトVR
ドアスコープに使われているようなコンパクトな魚眼レンズです。以前japanosさんのbbsで存在を知りました。これなら高い魚眼レンズを買わなくても気軽にコンパクトデジカメでパノラマ撮影が楽しめます。解像度もなかなか高く、ちゃんとデジカメのレンズの前に磁石で付けられるようなアクセサリーも付属しています。ちょっと改造しようとしたのでひどい姿の写真ですが…

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『sigma8mm F3.5』

2008/3/29/土 10:51
objectVR 約605KB
オブジェクトVR
フルサイズで使うと真ん丸い写真が撮影できるレンズです。先日APS-C用に4.5mmと10mmのレンズも発売されました。使う頻度からすれば高価な買い物になってしまうので悩むところですね。パノラマ以外にも鼻でかペットの写真も面白いです。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『sigma15mm F2.8』

2008/3/28/金 8:47
objectVR 約473KB
オブジェクトVR
パノラマ撮影には魚眼レンズが便利です。360度パノラマで野外を撮影すると昼間には太陽が入っていますことが多いと思います。このレンズは逆光にも大変強くフレアは対角線の端にわずかに出る程度です。canonもそろろろデジタル対応の15mmフィッシュアイ出してくれませんかね…。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『マンフロットレベリングベース338』

2008/3/27/木 10:00
objectVR 約428KB
オブジェクトVR
細かい水平出しをするときに便利なレベリングベースです。非常に細かく調整でき、かつ頑丈ですので安心感があります。しかしその分重たいです。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『ノーダルニンジャ3』

2008/3/22/土 0:02
objectVR 約485KB
オブジェクトVR
パノラマ撮影機材として世界で最も普及している雲台ではないでしょうか。こちらはノーダルニンジャ3ですが最近では剛性と撮影機材の幅を広げたnodal ninja5というのも発売されています。重量と精度、値段のバランスが取れた良い製品です。折りたたんでコンパクトに運ぶことも可能です。詳細はこちらです→こちら
※写真のものは諸事情により高さを上げています。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『お手軽セット』

2008/3/21/金 0:03
objectVR 約363KB
オブジェクトVR
パノラマ雲台は回転度数などを簡単に出すことができて便利ですがどれも高価なのが難点です。カメラ屋さんのストロボアクセサリーコーナーにおいてあるプレートを組み合わせて作ることもできます。ホームセンターなどで買ってきた金属などを加工したりできれば簡単でしょうが、市販のものでも作ることができます。回転させるのには伸縮できるミニポールを縮めた状態で回転可能にしておくと良いです。ノーダルポイントも正確ではないもののこれでも十分きれいなパノラマを作ることができます。上方は45度くらい上に傾けて撮影すれば十分です。地面もきれいにしたい場合は手持ちで撮影して合成してください。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『kenkoパノラマデジカメスタンド』

2008/3/20/木 23:32
objectVR 約310KB
オブジェクトVR
コンパクトデジカメでパノラマを気楽に撮るための雲台です。詳細はこちらです。水平方向へ360度のほかtiltも若干動かすことができます。重い機材を載せるとtilt部分が動いてしまうので接着剤でくっつけています。しかし下部の三脚ねじ部分がプラスチック素材のため重たい機材は辞めたほうが良さそうです。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『Bo pod(sigma8mm用)』

2008/3/19/水 23:59
objectVR 約580
オブジェクトVR
こちらもリングタイプなのですがsigmaの8mm用です。とても軽く持ち運びも便利です。agnosのリングタイプのほうが頑丈で安心感がありそうです。値段的には少しこちらが安いです。強度をとるか重さをとるかといったところですかね。
詳細はこちらです。→こちら

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『Bo pod(nikon10.5mm用)』

2008/3/18/火 23:38
objectVR 約560
オブジェクトVR
リングタイプのパノラマ雲台です。マンフロット社など重たいものは嫌だなぁとか、マルチロウは面倒なんて人には最適です。こちらはnikon10.5mm用なのですがフルサイズでフードを削ればチルト200°を実現します。水平に回すだけでパノラマができてしまいます。天地の結合部分が荒くなるのと、リング部分がやや不安定な気がするのを除けば約100gの雲台としてお手軽です。
詳細はこちらです→こちら

オブジェクトVR - コンパクトデジカメ『オリンパスSP-350』

2008/3/17/月 8:30
objectVR 約800KB
オブジェクトVR
水中パノラマを撮影するのに使っているカメラです。オリンパスは水中用のハウジングなどが充実しています。一眼デジカメで水中パノラマをするとなると機材が大きくなってしましますが、これならハウジングも小さく比較的小さくおさまります。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『マンフロット300N』

2008/3/16/日 18:29
objectVR 約540KB
オブジェクトVR
パノラマ撮影機材を多く製品化しているマンフロット社の300Nという商品です。三脚とカメラの間に挟むと360度を正確に回転させることができます。最小で5°刻みで回転可能です。またオブジェクトVRの撮影台の下に置けば回転台にもなり他にも使い方次第で応用可能です。重さを量ったら505gもありました…。

オブジェクトVR - パノラマ撮影機材『バキュームマウントG』

2008/3/15/土 17:36
objectVR 約280KB
オブジェクトVR
パノラマ撮影機材をobjectVRで紹介していきたいと思います。第一回目は平らな面に置いて吸盤の力によって固定させるものです。低い位置からの撮影が可能となります。昨日アップしたホームパーティーのパノラマではこちらを使用しました。三脚が不要になるので気軽に撮影することができます。
詳細はこちらです→こちら

オブジェクトVR - nikon10.5mm『落下で粉々に…』

2008/3/7/金 0:02
objectVR 約930KB
パノラマ 写真 風景
あわれな姿になってしまいました…。マウントアダプターをカメラにきちんと装着していなかったみたいで下に向けた時にコンクリートに一直線。「バリーンッ!」、落ちる瞬間が今でも忘れられません(笑)レンズフードがあればもしかしたら助かったかもしれません。300パノラマ以上頑張ってくれて、特に夜景撮影では大活躍してくれました。非常にシャープな絵が気に入っていたのですが自分のミスなのでしょうがありません。慣れというのが一番怖いですね。