パノラマ - 清津峡 kissx4テスト

撮影:2010/10/31   ※iphone,ipadでも見ることができます。
motion
新潟県にある清津峡のトンネル前のつまらんパノラマです。トンネルに入っていくと、いくつか渓谷の景色を見られるポイントがあります。一脚とkissx4のテストで撮影してみました。水平4枚と下一枚ですが、そこそこいけますね。三脚持ち歩かなくていいのは楽ですし、一脚は杖にもなります。。高さも40cm位〜2.5m位(一脚ベルトのように使って)まではいけます。

5 Responses to “パノラマ - 清津峡 kissx4テスト”

  1. 投稿者:久門 易
    メール:kumon@dowjow.com

    川下(?)のカップルが「火曜サスペンス」のようでいいですね。

  2. 投稿者:sizu
    メール:info@guruguru360.com

    久門さん
    確かに(笑)実際サスペンスドラマの撮影で使ってそうな場所でした。バイノーラル録音もしたのですが、いまいちだったので別の場所のパノラマで録音したもので今度アップしてみます。

  3. 投稿者:中山晴彦
    メール:hr_nkyma@yahoo.co.jp

    はじめまして、愛知県豊田市在住の中山晴彦と申します。
    わたしは昨年7月頃から独学でパノラマ撮影を始めたばかりの者です。カメラはPENTAX K-7,APS-C 1400万画素、レンズはPENTAXの対角魚眼10-17mmです。
    この精津峽のパノラマkissx4で水平4枚下1枚ということですが、私の場合水平4枚では足りず画像が欠けてしまいます。少なくとも5枚は必要です。
    kissx4(APS−Cサイズと思うのですが?)ではどのようなレンズをお使いですか?またカメラの角度(空を写しこむためには上を向けなければならないですが?)など教えていただきたいのですが・・・よろしくお願いします。
    それから私も20作品程度「360Cities」で公開しています。

  4. 投稿者:sizu
    メール:info@guruguru360.com

    中山様

    使ったものはkissx4とsigmaの8mm円周魚眼レンズですので、35mm換算でおよそ12.8mmぐらいの焦点距離になります。ですので天面は撮影しなくてもpsなどで修正してあげれば水平4枚でも大丈夫です。

  5. 投稿者:中山晴彦
    メール:hr_nkyma@yahoo.co.jp

    sizu様、早速のご返事ありがとうございます。8mm円周魚眼と言うことはフルサイズで全円周魚眼、APS-Cだとドラム魚眼ということですね。納得しました。実は私最近APS−Cサイズで全円周魚眼となるシグマの4.5mmFisheyeを購入したのですが、解像度が低く失望しているところです。購入前に薄々わかっていたことですが実際撮影してみてこれほど悪いとは思っていませんでした。APS−Cサイズの中に収まる円周の部分すなわち半分以下の画素しか使われないわけですから当然解像度が低くなるわけですね。しかも私のK-7は1400万画素ですのでなおさら使用有効画素が少なくなるわけです。
    これは大失敗でした。10mmの対角魚眼は対角線画角180°ですので縦位置で天地が
    完全に切れてしまいます。よって撮影枚数は増えてしまいます。
    どうもありがとうございました、これからもよろしく。

コメントがあればをどうぞ

You must be logged in to post a comment.